“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

奈良市の方へ、注文住宅の家づくりで後悔しないためには?

念願の注文住宅を建てるにあたり、絶対後悔だけはしたくないものです。奈良市の中だけでも注文住宅メーカーは複数あり、各社いろいろな特色を売り出しているため、メーカーを選ぶだけでもひと苦労があります。ここではそんな注文住宅で後悔しないためのいくつかのポイントを紹介します。
通常、注文住宅を作ると決めた場合、まずするのは住宅展示場巡りです。しかし、いざ住宅展示場を回ってみたものの結局どこのメーカーにも決まらないというのは良くあることです。実際、住宅展示場をまわると担当のセールスマンがいて、そのセールストークで肝心の家がゆっくり見られないこともあります。そこでまずおすすめするのは、住宅展示場をまわる前にすべき事前の準備です。
住宅展示場を回ってもなかなかしっくりこないことの原因のひとつに、そもそも「自分がどんな家が理想なのか、自分自身で分からない」ということがあります。セールマンのセールストークで気づくこともありますが、本来、自分の好みは自分で知っておきたいところです。
自分の理想とするイメージを知るために1番重要なのは、「自分がどんな空間を心地よいと感じているのか」を知ることです。たとえば、「明るく開放的なリビング」や「リビングと一体となるインナーバルコニー」、はたまた「昔の木造校舎のような雰囲気」などがあると思います。そうした「自分が心地よい」と思える空間は、注文住宅を検討する際に、ダイレクトに設計コンセプトになることもあります。
自分の心地よい空間を知るためには、「住宅」に限らず、あらゆる建築に対してアンテナを巡らせることで見つかったりします。例えば「役所の待ち合わせスペースが心地よい」理由が、「吹抜けとトップライトがある空間」であることに気付けたり、思わずうたた寝してしまうくらい気持ちいいのが、「腰高くらいの窓が連続している場所」というように、アンテナを張ることで、より具体的に心地よい空間の正体が分かってきます。
日頃からそうしたアンテナを張るほか、オススメなのは建築雑誌を購読することです。特に住宅系の建築雑誌を読むことで具体的な空間イメージが湧きやすいです。
ここまで事前の準備ができていれば、あとは直接自分の好みに近い住宅を展開しているメーカーに相談をします。具体的なイメージを持っていれば、担当の建築士の方もより具体的かつ濃密な提案ができると思います。いざ設計がはじまれば理想のイメージだけでなく、コストという現実的な問題と向き合うことになりますが、こうしたイメージの蓄積が後悔しない家づくりにつながるはずです。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。