“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

奈良市の方へ、無添加フローリングのメンテナンス方法

自然な風合いを楽しめるとして無垢フローリングを導入する家庭も少なくありません。奈良市にも、木ならではの質感や温もりを堪能している人もいることでしょう。しかしメンテナンスの方法はどのように行えば良いのか迷ってしまうかもしれません。特にこれまで合板フローリングを使用してきた家庭ですと、素材の違いで戸惑ってしまうこともあるでしょう。
普段のお手入れに関しては、通常通りの掃除機がけをはじめ、雑巾がけを行っても問題はありません。ただし、雑巾がけに関しての注意点もあります。基本的には乾拭きを基本とすることであり、濡れた雑巾には気を付けなければいけません。濡れた状態にさせてしまうとカビが発生したり、腐ったりする恐れがあります。とはいえ、しっかりと絞った雑巾ならば問題なく使用することもできるため、濡らして拭きたい時には十分に水気を切ってからお手入れを行うようにしましょう。
汚れがひどい時のお手入れですが、薄めた中性洗剤なら使用をしても問題はありません。生活をしているだけでも足の裏の皮脂や、ダニの死骸などによって汚れが蓄積していきますので、定期的に汚れを落としてあげることも必要です。その際には磨いた後に、固く絞った雑巾で拭き取りを行い、仕上げとして乾拭きを行うようにします。なお、中性洗剤以外を用いると、素材自体を傷めてしまうほか、シミとなり残ってしまう恐れがあるため、使用をしないように注意してください。
ワックスに関しても使用して良いのか気になるところです。無垢フローリングでも定期的にワックスを行った方が良いこともありますが、そこまで本格的な施工をする必要はありません。例えば、ワックス効果のあるモップでのお手入れでも十分で、無垢の風合いを損ねてしまう心配もないでしょう。また、頻繁に行う必要もなく、気になったら手を掛けてあげる程度の頻度でも十分です。ワックスを使用する場合は、無垢フローリングにも対応をしているのかよく確認しておくことをおすすめします。
基本のメンテナンス方法としてはこのようなやり方となりますが、特に難しいことはありません。無垢フローリングというと、合板フローリングよりもお手入れが難しそうに思われることもあるものの、実際はそれほど大変なものではなく、むしろ管理が簡単な素材でもあるのです。ほったらかしで自然の風合いを楽しむこともできますし、傷が付いてしまってもそれも味わいとなってくれるでしょう。経年変化を楽しめるのは無垢ならではの良さで、年月と共に深みのある表情を見せてくれます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。