“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

奈良市の方へ、注文住宅でもよく使われる無垢材の特徴

奈良市で注文住宅を建築したい場合には、無垢材を利用した住宅にすることもできます。無垢材は、一本の原木を利用したものをいいます。これに対して、複数の木を合わせたものが合板材です。この二つを比較したとき、値段が大きく異なることに気が付くはずです。基本的には無垢材の方が高く、3倍から4倍ぐらいの価格差がありますが、場合によっては10倍ぐらいの違いが出ることも珍しくありません。このように値段が違う理由は、その特徴を理解すれば納得することが出来るでしょう。

無垢材の特徴の一つは、天然の樹木の香りがすることです。もちろん合板材でももともとは天然の木が材料ですので、樹木の香りはしますが、時間が経過してしまうとにおわなくなってしまう傾向が強いです。無垢材は、10年から20年間家に住み続けてもほのかに優しい天然の樹木の香りが漂ってくるのが特徴になります。もちろん、ニスなどを塗ってしまった場合には木の香りが弱くなりますので、よい香りを残しておきたければ何も加工せずそのまま使うのがよいでしょう。

次に、独特の肌触りがあるのも大きな特徴になります。フローリングなどで使う場合は歩くだけでもその感覚の違いがよく理解できます。滑らかな感触なだけでなく、どことなく柔らかさがあり温かみがあるのがポイントです。温かみを感じたければ、フローリングだけでなく壁などにも無垢材を使ってみると良いかもしれません。リラックス効果もありますので部屋にたくさん利用すればそれだけでストレスを解消させることができるでしょう。

最後に、時間が経過するほど味わい深いものになるのも特徴です。合板を利用する場合には、時間の経過とともに劣化してきますので見た目が良くない可能性が高いです。ですが、無垢材は建築したばかりのころはピカピカでも時間の経過とともに本来の樹木の色が出てくるため逆にそれが魅力的と感じる人も少なくありません。そのため、長く一つの住宅に住む場合にはとても魅力的な素材の一つになります。

このように、無垢材は多くの魅力がありますが、その半面ひび割れなどが発生しやすいことも注意しなければなりません。ひび割れは、時間の経過とともに発生しますがこれは乾燥してしまうことが原因の一つです。樹木には水分が含まれているため、ある程度乾燥させてから住宅用に利用します。ですが、完全に水分が抜け切れてない段階だと次第にひび割れが発生することになります。これを防ぐためには、湿度を維持することが重要です。おおむね50%から60%を毎日維持していればひび割れが起こりにくくなります。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。