“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

奈良市の方へ、シックハウス症候群とは何かを解説

これまでの住宅内の汚染問題と言えば、石油ストーブやファンヒーターなどが原因であるケースが多いものでしたが、近年の高気密化住宅が広まるにつれて、建築材に使用されている化学物質などによる健康被害の報告が多くなってきました。
これが「シックハウス症候群」と呼ばれるものです。10数年前にはほとんど聞かない言葉でしたが、最近ではメディアなどでよく耳にするようになりました。「病気の」という意味のsickと、houseの「家」が結合された単語であるシックハウス症候群とは、「室内の空気が汚染されることによって引き起こされるさまざまな健康被害の総称」のことを指します。
シックハウス症候群の最も大きな原因となるものが建材や家具などに含まれている化学物質で、代表的なものとして合板や壁紙の接着剤に多く含まれるホルムアルデヒド、防カビ剤に使われているアセトアルデヒド、内装材や塗料などに含まれるトルエンやキシレンなどがあります。これらから放散される有毒ガスによって目がツーンとしたり、頭やのどが痛くなる、鼻水が止まらなくなったり、呼吸が苦しくなるといった症状が現れます。
もちろん全ての人に発生する症状ではなく、体調やその人の体質などにも大きく影響してくるものの、個人差があり人によって症状が異なることから、自律神経失調症や風邪などに間違えられることもかなりあります。体の不調を訴えて病院で調べてもらった結果、その原因がシックハウスであると診断されるケースも多くなっています。
また、化学物質以外のカビやダニが原因でシックハウス症候群になってしまう人もいます。カビやダニは日常生活に非常に密着しているものなので、たかがカビ、たかがダニ、と考えてしまいがちですが、カビの胞子を吸い続けていたり、ダニに刺されたりするとアレルギーを発症する可能性があります。
これらを予防するために大切なことは「換気」で、特に窓を閉め切っていることが多い夏や冬に多く症状がみられます。室内環境を整えるためには、できるだけ通風と換気をすることが大切です。
無添加住宅は、シックハウス症候群のなかった頃の昔の家をお手本として、自然素材に徹底的にこだわって完成させた家で、使用している材料は漆喰や炭化コルク、無垢材、柿渋など、使用する建材には吟味が重ねられています。奈良市で新築を検討されているなら、無添加住宅で健康に優しい毎日を考慮してはいかがでしょうか。
一般的に、家は一生の内に何度も建てられるものではありません。長らく生活する場所になるわけですから、化学物質などのない健康的な住宅で毎日を送りたいものですね。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。