“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

奈良市の方へ、注文住宅でもよく使われる漆喰って?

奈良市の吉川住研では、注文住宅の建築の際に漆喰を利用することがあります。これには、住宅建築に関わる様々な問題点を解消してくれるメリットがあります。漆喰とは、消石灰という水酸化カルシウムによって作られている壁材のことです。水酸化カルシウムは、一般的に石灰石を焼いて水を加えることによって簡単に作ることができるものです。

消石灰は、二酸化炭素を吸収すると元の石灰石に戻っていく性質があります。この性質を利用すると、長い時間をかけて二酸化炭素を吸収しながらより良い住宅に成長していくことへとつながります。消石灰から石灰石に戻るための期間は、だいたい100年を超えると考えられていますので、一度利用すれば、その期間は快適な暮らしを期待できるという利点が生まれます。つまり、部屋全体が呼吸しているような状態になるため、室内環境が良くなるということです。

現実的な観点からしても、漆喰を使うと冬場は乾燥を防ぐことが出来るようになりますし、夏場は湿気を防ぐことに繋がります。四季折々の季節が存在する日本では特に重宝する素材であり、1年間を通して安定した暮らしを実現することが出来るようになります。すなわち、他の素材に比べて室内環境を大幅に改善できる可能性があります。漆喰は現在になって使われ始めたものではなく、日本のこういった環境を考慮して昔から利用されていたものです。例えば、蔵などの内壁にこういった素材を利用することで、収蔵されている製品を安定して保管する役割などもありました。

また現代では気密化が図られた住宅で結露などの悩みがあります。エアコンなどを利用する際には、外気の影響を受けて室内に結露などが発生してしまうことがあります。この点も、漆喰を利用している場合には湿気を吸収してくれますので、こうした悩みをあらかじめ防ぐこともできるようになります。

さらに、災害対策をしたい人にも向いています。防火性にも優れているという大きなメリットがあるからです。漆喰は、水酸化カルシウムを原材料として作られていますので、水酸化カルシウムの特性が前面に出る傾向があります。水酸化カルシウムは不燃性の物質であるため、この物質に火を近づけても燃えません。そのため、昔からお城や権力者の屋敷などにも利用されてきました。現代でも、台所など火を使うような場所に漆喰を使うことで、防火対策として利用することが可能です。

このように、漆喰は日本の住宅環境に非常にマッチしている傾向があります。快適に暮らすことはもちろんですが、安全に生活をしていくためにもとても価値のある素材だといえます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。