“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

奈良市の方へ、リフォームとリノベーションの違いは?

新築で建てた住まいも、何十年と年月を重ねていけばそろそろきちんとしたメンテナンスをしなくてはいけないと考えるのではないでしょうか。愛着のある我が家を綺麗にリフォームしようとパンフレットを取り寄せたりし始めた時に、ふと「リノベーション」という文字も見えてきます。何気なく目にする機会も増えていますが、言葉も違いますからやはり似ているようでいて違うのだという事は頭の片隅に置いておくと、いざ依頼をするときにも迷いが無くなります。

まずこれまでもよく目にする機会が多かったリフォームですが、こちらは建物を「新築の状態に戻すこと」を指しています。建てたときはぴかぴかで新しく丈夫ですが、時間が経つと経年劣化してあちこち見えない部分も老朽化します。原状回復のために行うので、壊れたり汚れたりしているマイナスの状態からから一番最初のゼロの状態に戻すと考えれば分かりやすいでしょう。トイレやキッチンなどを部分的に修繕をしていくような小さな作業は、こちらに分類される事が多いです。
そしてもう一つ、近年同じような扱いで出てきているリノベーションですが、これは「今ある建物に価値を加えて、性能向上や価値を高める」ために行います。ゼロの状態に足して作業をするようなイメージで、間取りを見直して雰囲気を変えてみたり、内装・外装を変えたりしていきます。最近は地震や台風などの自然災害も多いですが、耐震性・耐久性を高めたりするのもこちらになります。作業規模も家全体など大きくなる事も増えてくるので、しっかりと打ち合わせを重ねましょう。

現状は言葉の違いはありつつも、どちらもあまり境界を決めて呼ばれているわけではありませんから、厳密に考えすぎなくても構いません。家のどんな所を直したいのかを考えてスタッフに伝えれば、お客様の希望をヒアリングしながらイメージを形に出来るように提案していきます。家をどこまで直していきたいのか、使い方は家庭によっても違います。外壁などが綺麗に保たれているように見えても、見えない中の部分が傷んでいる場合もありますし、よく使う水回りは目に見えて速めに交換をした方が良いような状態になっている事もあります。どちらの作業を依頼する場合でも、本当に必要な修繕や改善ができているのか、適正な金額かどうか見積りを取って確認したり、作業内容・プランに間違いがないか見直すようにしてください。リフォームとリノベーションの違いが分かったら、あとは適切な作業ができるかどうか、作業後に満足できるかどうかを一緒に一つずつ丁寧に進めていきましょう。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。