“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

無添加住宅で使われている素材を奈良市の業者が解説

昔の住宅は土と木、草や紙といったいろいろな材料を使って構成されていて、バランスがとれていました。無添加住宅は現代の家造りとマッチするよう、吟味を重ね自然素材にこだわって完成させたものです。

健康住宅であり、夏や冬も快適に生活することができる優れもので、経年変化を楽しむことができます。

本物ならではの質感やデザインを体験することができるでしょう。他にはない一つだけの家として長年楽しむことができます。

 

無添加住宅は超自然素材の家と言えます。]

例えば漆喰や炭化コルク、天然石や米のり、無垢材や柿渋などを使って建築することが可能です。

自然の中にいるような室内空間を味わうことができ、単に自然の材料を使っている家ではありません。

暑い夏や寒い冬を心地よく暮らすことができ、独自工法や本物の自然素材などを使うことによって気持ちの良い空気環境を体験することが可能です。

基本的に自然の材料は手入れをすることによって深みのある雰囲気を演出することができ、時間がたてばたつほど愛着がわいてくるものです。

経年変化からの美しさや風合いを味わうことができ、これは自然素材ならではの付加価値になります。

表情豊かな材料を使っていて職人が手作りしているので、何世代にわたって暮らすことができるでしょう。

美観が損なわれることなく建てられているヨーロッパの街にあるような雰囲気になります。

 

生活する人の健康にも優しく設計されていて、子供の成長をはぐくむことが可能です。

口に入れても良いぐらいの体に優しいものを使っていて、時間がたっていく過程を楽しむことができます。アレルギーやアトピー・喘息などの人も安心して住むことができ、他の家にはないいろいろな特徴があげられます。

例えば漆喰や炭化コルク、天然石や米のりといった本物の材料を使用しているので、省エネ効果を得ることができたり調湿性能といった優れた機能を発揮することができるでしょう。

子供が口に入れても大丈夫な材料で製作されているので安心して利用することができます。

いろいろな種類の住宅がありますが、例えば無添加住宅推奨標準仕様の場合、天然素材を使っていて体に有害な物質を極限まで少なくしています。

特にシックハウス症候群の人に向いていて、快適に住むことができるでしょう。

室内環境はもちろん、外観や壁の仕様に関しても工夫されていて体に優しく自然に溶け込んだ雰囲気の中で暮らすことができます。

 

奈良市にはいろいろな住宅会社がありますが、無添加住宅に対応している会社がいくつもあるので便利です。自分のライフスタイルに応じて住宅にいろいろなアレンジを加えることができます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。