“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

無垢フローリングのメンテナンス方法を奈良市の業者が解説

奈良市で注文住宅を建てた方の中には、室内の床材に無垢フローリングを用いていることも今では増加しています。

木材の独特の風合いを満喫することができ、木目が全てことなるものなので、自然的な環境を保つことができる資材です。

奈良市で無垢フローリングの家を建てた後には、メンテナンスをしっかりと行うことで長持ちさせることができます。
基本的な情報としては、無垢材の場合は表面が剥がれてしまい木目が無くなってしまうことがありません。

表面の加工状態により、メンテナンス方法というものが変わりますが、まずは、ウレタン塗料などを用いているタイプでは、通常はフローリング用のモップなどを使い、乾拭きをすることが基本です。
雑巾がけをする際には、固く絞った状態で掃除をする方法になり、ワックスなどを利用することは必要がありません。

劣化が進むと再びウレタン塗料を施工することになりますが、この際には完全に古い塗膜を剥がすことになります。

次にオイル系やステインなどを使っている表面の無垢フローリングもあります。

普段は乾いた雑巾を用いてメンテナンスする方法ですが、劣化してしまう前には対応しているワックスを用いると長持ちさせることができます。
オイル系やステイン系の場合は、木材の中に色が浸透しているものなので、比較的長く木材の風合いを綺麗に保つことを可能にしています。

無垢フローリングの中には、表面に何も塗布していない完全に無垢の状態で使っている床材も存在しています。

このタイプの場合、水染みや汚れの染みなどが非常に目立ってしまうことになり、人によってはその経年劣化を楽しむという場合も見られます。
しかし、普通の住宅の床材として利用をしている範囲では、何も表面に施していないものは推奨できません。

汚れ染みだけではなくカビが繁殖してしまう可能性があるので、塗装を施すことでメンテナンスを行えます。

ワックスをいきなり使うのはご法度です。
推奨できるのは水性塗料で木材用で販売されているタイプ、ステイン剤なども使えますが、専門会社に依頼をすると高品質なコーティングを施工できるので、そのまま使うよりも長持ちさせられます。
基本的には再塗装を行う際にはかなりの注意が必要です。

どのような無垢フローリングでも少しの着色をして塗装や浸透させているケースでは、劣化に伴って再塗装する際に同じ色を選択したとしても、重ね塗りをしてしまうと色味がかなり濃くなってしまいます。

無垢材は表面を削り取っても問題が起きない資材でもあるので、DIYの範囲でメンテナンスをできないと感じた際には、専門会社に任せることがおすすめになります。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。