“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

無垢材の特徴について奈良市の注文住宅業者が解説

無垢材とは、丸太からそのまま切り出された木材のことを言います。

戦前は、無垢材を利用した住宅が多くありましたが、現在では木材を集めて接着剤でつなぎ合わせた、集成材も利用される様になりました。特徴は、数多くあり一味違う住宅を建てることができます。

 

たとえば、自然の木材から感じられる肌障りを感じとれることです。手や足で直接触れてみると、言葉にできない様な温かみを感じるとることができます。衣服を着た状態で横に寝転がってみても、その温かみを感じられます。

フィトンチッドと言う、天然木独特の芳香成分があります。家の中で森林浴をしている様な気分を味わうことができます。

自宅は、食事・だんらん・就寝など多く時間を過ごします。その際に温かみがあると、こころのこわばりがとれて、リラックスできるでしょう。

 

湿度を調整する効果が期待できます。

湿度が高い夏の時期などには湿度を吸い上げて、じめじめした室内環境を改善してくれます。

逆に湿度が低い冬場には室内に湿度を放出して、からからした室内環境を解消します。

 

また、断熱効果があり電気代節約効果があります。冬の時期の外の寒さを部屋に入れることを防ぎます。

逆に、室内の温められた空気を外に逃がすことを防いでくれます。

これは、快適な空間を維持できることも意味しています。温度変化による血圧や脈拍の変化を防ぐことにより、ヒートショックを予防できます。

湿度調整機能や断熱機能は、家全体で効果を発揮します。

どこにいてもこれらの効果が期待でき、一年中人が調整しなくても効果が持続します。

 

木材として利用する前に十分に乾燥させているので、時間が経過するとともに頑丈になっていきます。大切な家族の命や自分の大切にしている宝物などを地震などから守ってくれます。

1300年以上の歴史がある有名な寺も、無垢材が利用されています。

ホルムアルデヒドなどの有害物質が使用されていません。

また、精油の効果によりカビ・ダニなどの増殖を抑制する効果もありますので、身体に優しいです。

この様に無垢材は多くのメリットがあり、価格以上の恩恵をそこに住む人に与えてくれます。

 

弊社は、奈良市を中心に無垢材を利用した注文住宅建築を得意としています。

奈良市に密着しているので雨の影響・日光の影響・音の問題など、統計だけでは分からない様な住居環境を把握した上で建築ができます。

またお客様のご希望に沿う様な、歴史ある寺などがある奈良の景観に合わせた、一歩踏み込んだ住宅デザインを提案させていただくことも可能です。何か気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。