“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

無添加住宅のメンテナンス方法について奈良市の業者が解説

奈良市をはじめとした日本全国各地で近年人気を集めている存在に「無添加住宅」があります。
「無添加」と聞くと「食べ物」をイメージされる方が多いかもしれませんがもはやその領域は住宅にもおよんでいるのです。

そんな「無添加住宅」の最大の特徴は無添加無垢の木組みから構成されている点にあります。
その点に非常に魅力を感じる一方でそのような作りの家に対しては「メンテナンスが大変そう」というイメージを思い浮かべる人が多いかもしれません。
しかし実際には自然素材を駆使した住宅だからと言ってお家のメンテナンスが大きく変わるということはありません。
十分に自分で行うことができます。

日常的に行うべきメンテナンスに関しては通常の住宅とほぼ同一で問題ありません。
多くの方が「自然素材」という言葉を聞くと特殊な洗浄剤の使用が必須などではないか、と思うかもしれませんがそのようなことはないのです。
つまり、日常的に行うべきこととしては普段通りの掃除をこまめにする、というものです。
どんな家に住んでいる場合でも日常的に行うべき掃除機でホコリやゴミを吸い取り、更に可能であれば水拭きを行いましょう。
その際、酷い汚れが付いてしまっている場合には水拭きの際にお掃除用のクリーナーを少量水に混ぜて使えばそれで十分です。
このように日常的に特別なメンテナンスを行う必要は一切ありません。

また、非日常的な部分としてへこみや傷がフローリングなどにできてしまった時などはむしろ通常のフローリグ材より簡単に修理することができます。
これは通常の住宅が使用している複合のフローリング材の場合、化粧単板と合板で構成されておりご自身での修復は難しく一般的に貼り換えが推奨されます。
しかし「自然素材」を駆使した「無添加住宅」の床であれば簡単にスチームアイロンで修復することができます。
もう少し詳細を説明するとたっぷりの水を含ませた布などで修理したいへこみや傷を湿らせてからスチームアイロンをあてる、というものです。
これにより木が膨張し気になっていたへこみやキズが復元するので後はサンドペーパーなどで表面を整えるだけでメンテナンスすることができます。

また、壁材に関して自然素材住宅なら珪藻土などの塗壁材を使用する方が多いと思いますがその際にも修復したい部分だけを局所的に修繕できるので最小限のコストでその修復を行えます。
なお、木材の自然なツヤや風合いを保つためには年に1度のワックスを行うのがおすすめです。水性や油性の天然系ワックスを適材適所に使用すると良いでしょう。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。