“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

自然素材の家の断熱性はどうなの?奈良市の業者が解説

新しいビルなどの建物に入ったときに感じる嫌な臭い、目に染みるような空気、頭が痛くなるような空気といったものを感じたことのある人は少なくないでしょう。
これは建材から発せられた化学物質によるものです。

近年の建物の高気密性、高断熱性によってこのような化学物質が建物内部に滞ることになり、引き起こされるのがシックハウス症候群です。
また、高気密性や高断熱性は湿気を抱え込むことにより、カビやダニ、菌などを繁殖させる要因にもなり、アレルギーを引き起こす可能性があります。

また、化学物質が原因となる疾患に化学物質過敏症というのがあります。
これは家の建材だけが原因ではなく、たばこの煙やパーマ液なども原因になり、一度反応すると至るところに存在する化学物質にたいする不安など、精神的な不調をきたす可能性にもなります。

このような症状が知られるようになり、自然素材の家に目が向けられるようになりました。
家を建てるというイベントにおいて、一般的に注目されやすい間取りや、好みの生活スタイルを投影できる建築テイストなどと同様に、家族のアレルギー対策など、心身ともに健全に暮らすということに関心が寄せられているとも言えます。

奈良市で自然素材の家を提案することにおいては、古き良き家から学ぶ先人の知恵にヒントを得ながら、家族が健康に暮らせる家づくりを目指しています。
自然素材について懸念される断熱性についてもメリット、デメリットをきちんと把握することが大切です。

自然素材の家で使われる主な断熱素材には、古紙から作られるセルロースファイバーや、羊毛から作られる羊毛断熱があります。
セルロースファイバーは様々な太さの繊維が絡み合うことで内部に空気の層ができます。
また繊維自体も空気を含むことで高い断熱効果が得られます。

羊毛断熱は弾力性に優れ、形状が柔軟であることから隙間をつくらないことにより、高い断熱性を実現します。そしてセルロースファイバーも、羊毛断熱も、湿気を吸収、放出する性質があるため調質性に優れ、夏は涼しく冬は暖かいというありがたい生活環境を整えてくれます。
また自然素材の家で使われる無垢材やコルク材といった建材には、それ自体が断熱、保温、調湿性に優れているという性質があるため、住環境の断熱性を高いものにしてくれます。

断熱材は、家を建てる地域によって選び方が異なります。
同じ日本と言えども北海道と沖縄とでは気候が異なるためです。
そのためセット販売されている断熱材では、地域によってはハイスペックになり過ぎるなどといったこともあるため、その地域の気候を考慮した断熱材選びも大切になります。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。