“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

自然素材の家の魅力って?奈良市の業者が解説

新しくお家を建てるときは自然や体に優しい素材を使って建てたいと考えている人は多いものです。
しかしながらお手入れが大変そうとか傷がつきやすいのではないかと言った心配から、家づくりに自然素材を入れるか迷ってしまうのではないかと思います。
今回は奈良市の業者から、みなさんに自然素材のメリットについてご説明致します。

□そもそも自然素材の家とは一体どういったものなのか。
自然素材の家は仕上げとして使用する素材に無垢の木や珪藻土などと言った自然の素材を使用している家のことを指します。
仕上げの素材に一部だけビニールクロスを使っていた場合でも多くの部分で自然素材が採用されていればそれは自然素材の家に含まれます。

□自然素材の魅力はどういった点にあるか。
自然素材の一番の特徴はその素材感です。
無垢の木材なら柔らかい雰囲気で肌触りもよくさらりとしているという点が、とても気持ちよく住めるポイントになります。
既製品の合板フローリングなどといったものを使用した場合では、夏場など湿度の高い季節は素足でペタペタ吸い付くような感触がありますし冬場は冷たさが足元から出ます。
無垢材のフローリングならば木材そのものが呼吸をして温度や湿度を調整するためでの地湿度が高い時でもさらっとした感触になり、冬のような寒い場合でも冷たい感じがありません。
季節によらずとても快適に過ごせるということが多い一番のメリットでしょう。
また珪藻土や漆喰などといったものを使った自然素材の家の場合ではもちろん湿度調節できる機能もありますしそれから空気をきれいにする機能もあります。
室内の湿度をコントロールしたり嫌なニオイをしっかりと吸収してくれるのも自然素材のメリットです。
近年住宅は高気密高断熱の性能を追求し24時間稼働している換気システムなどで空気を良くするようにありますが、自然素材の家ならばそういったことをしなくても自然と美しい空気が保たれるのです。

□お手入れが大変とは一概に言い切れない。
自然素材は傷がつく心配もありますが、実はお手入れの仕方で心がけることをしておけば問題ありません。
例えば無垢材のフローリングなどを使っている時は水拭きはしないで乾拭きをするように心がけたり、汚れがついた時は固く絞った布で水拭きをするように心がけていると長持ちします。
珪藻土などを使った壁もヤスリで軽く滑らかにすれば他の部分と均一になって目立たなくなるのです。
手垢のような場合は消しゴムで簡単に消すこともできます。
つまりそのため管理が大変というのは一概に言えないと言えるでしょう。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。