“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

奈良市の住宅業者が解説、外壁によく使われる自然素材は?

奈良市で住宅を建築するならば、外壁によく利用される自然素材を理解しておいた方がよいです。
自然素材としてよく利用される外壁の種類としては、木材のサイディングがあります。
昔から利用されている木材のサイディングなどは、通気性が優れていることに大きなメリットがあるといえるでしょう。
もともと日本の住宅は、寒い地方を除けば夏の通気性をいかに確保するかが考えられていました。
そこで、木材のサイディングを利用することでわずかなすき間を作り部屋の中に涼しい空気を入れることが可能になります。

木材は、メンテナンスが非常に簡単なことでも知られています。
もともと自然の素材になりますので、定期的なメンテナンスをすれば50年から100年は利用することができるでしょう。
メンテナンスでは塗装の塗り換えなども重要になりますので、定期的に行い良い状態を保つことが理想になります。
これに加えて、加工しやすいことも木材が用いられている理由の一つです。
加工しやすいことにより、多少複雑なつくりの場合でも柔軟に対応できるため、理想とする住宅を実現しやすいです。

次に、よく利用される外壁材としては塗り壁があります。
塗り壁といってもさまざまな種類がありますが、比較的シンプルなものとしては国産の石灰を利用したものです。
石灰を利用することにより、強度や耐久性などが高くなります。
外壁は、時間が経過するとひび割れなどが発生しやすくなりますが、石灰はこれを極力防ぐことができる点においてすぐれているといえるでしょう。
それに加えて、自然素材を使っているがゆえに紫外線にも強いのが特徴です。
太陽の光によって劣化しやすい外壁ですが、きれいな状態を長年維持することができます。

忘れてはいけない素材の中に漆喰がありますが、昔から日本では漆喰が利用されている理由は優れた多様性があるからです。
例えば、住宅の外観の色は重要になりますが、これを決めるときどのような色にもすることが可能です。
ブラック系にすることも可能な一方でホワイト系にすることも可能です。
また、グリーンやオレンジといった鮮やかな色にすることも簡単になります。

自然素材を用いるならば、耐火性も考慮しておく必要があるでしょう。
耐火性を考慮した場合には、漆喰が非常に優れているといえます。
もともと燃えにくい素材ですので、火災が発生した場合でも火を通すことがないため延焼を防ぐことが可能です。
耐火性のレベルとしては、石などと同じぐらいの強さがあり、建物が密接している地域でも安心して暮らすことができます。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。