“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

無添加住宅とは?その特徴について奈良の注文住宅業者が解説

「家族で住める住宅を建てるとなると、どんな住宅にするのが良いのだろう?」
「無添加住宅という言葉もよく聞くけれど、どういうものなのかな?」
住宅の話の中で、しばしば登場する無添加住宅ですが、よく分からない印象を抱きますよね。
そこで今回は、無添加住宅とはどのような住宅か、その特徴についてご紹介します。

□無添加住宅とは?

最近の住宅の傾向として、より機能性の高い空間づくりが目指されてきています。
無添加住宅は、その一例で有害な化学物質を含まず機能性の高い住宅です。

夏は高温多湿に、逆に冬は低温乾燥に悩まされる地域の多い日本では、外部の気温や湿度になるべく影響されない住空間が望まれています。
そのため、熱の移動を遮断したり、気密性を高めたりしたりする工夫が行われてきたのです。

しかしながら、そういった住宅が広まって以降、建材による健康被害が頻発するようになりました。
原因としては、その際によく利用されていた建材に含まれている化学物質とされています。
さらに、外部へと逃げにくい構造であったために室内に菌やウイルスが滞留しやすく、人の身体に入ってしまいやすくなっていたのです。

それを受けて、一部の化学物質を含む建材は使用できなくなり、常に換気し続けることでその影響を低下させようとする試みも行われるようになりました。
その一方で、そもそもそういった化学物質を含まない素材を建材に利用しようという動きも出てきました。
このような流れで、そういった有害な化学物質を含まない素材で建てられている住宅である無添加住宅が注目されているのです。

□無添加住宅のメリット

*人の身体に優しい素材
無添加住宅は上記のような身体にとって有害な化学物質を含まないため、安心して生活を送れます。

*調湿効果がある
周囲の湿度を一定に保つ機能を持つことによって、屋内を快適な空間に維持します。

*保温性も高い
無添加住宅に使われている素材は、他の建材と比較しても熱伝導性が低いという特徴があります。
つまり、熱の流入や流出が起こりにくいということです。
温度が急に変わることによって、アレルギーやヒートショックを含めて健康に悪影響が生じることがありますが、そういったリスクも低減できます。

*化学物質を分解する性能がある
化学物質を含まないだけではなく、それらを吸着して分解するという性能も持っています。
これによって、外部からの有害物質の流入にも対応できるようになっています。

□最後に
今回は、無添加住宅がどのようなものなのか、その特徴についてご紹介しました。
様々な機能を備える無添加住宅、新しく家を建てられる際にはご検討されることをおすすめします。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。