“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

自然住宅に使われている素材の種類を奈良市の注文住宅業者が解説

「家族で暮らす自然住宅を建てたいな。どんな素材があるのだろう。」
自然住宅には、天然の素材を使っているからこその魅力が多くありますよね。
実際にどのような素材が利用されているのかが気になるという方もいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、自然素材の中でも住宅によく利用されている種類とその特性についてご紹介します。

□自然素材の種類

*珪藻土
珪藻土(けいそうど)とは、海底や湖底に蓄積した植物プランクトンの死骸からなる土を指します。
これを原料にして、顔料を混合させたものが住宅の内装材などとして使われているのですが、粒子表面に無数の孔があることが大きな特性と言えるでしょう。

この孔が存在していることによって、湿度を取り込んだり物質を吸着したりすることに優れていると言われています。
特に臭いを取り込む力に強みを発揮し、住宅の中で生じる嫌な臭いの原因を取り込んで除きますので、より快適に暮らしを営めることでしょう。

*漆喰
漆喰は、消石灰と呼ばれる焼いた石灰石に水を加えた水酸化カルシウムを原料としています。
この水酸化カルシウムには、年月を経るとともにもとの石灰石に戻ろうとする性質があり、漆喰を使った壁はそのまま放置しておくことで、固く丈夫になるという性質があるのが特徴です。
耐火性や耐久性に優れているだけではなく、保温性も高いため、夏も冬も周囲の気温に左右されない快適な住空間を創り出せます。

*無垢材
特に床材でよく利用されているのが無垢材です。
無垢材は、丸太を切り出してそのまま建材として利用している建材を指します。
いくつもの木材の板を重ね合わせることによってつくられる集合材とは違って、衝撃に対する力が高く、安全な家をつくる上では見逃せないですよね。

また、肌触りの良さが強みで、それぞれの木で異なる香りも楽しみの1つです。
直接触れたくなるような柔らかさとあたたかさを常に感じられるのは魅力的ですよね。
何よりも見た目の美しさがあって、年月を経て変わっていく風合いも面白みがあります。

□最後に
今回は、住宅によく利用されている自然素材の種類とその特性についてご紹介しました。
有害な物質を含んでいないために、身体にも優しい自然素材は、今回ご紹介しました他にも住宅の建材として利用されている種類は多くあります。
ご自身の求めたい特性の自然素材を選びましょう。
家族全員が安心して、快適に住める自然住宅を検討してみてはいかがでしょうか。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。