“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

自然素材の住宅の外壁には何を使う?奈良の業者が解説

「家族で住む自然住宅を建てたいな。外壁にはどのような自然素材を使うのが良いのだろう?」
このような疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。
外壁には様々な素材が使われていますが、自然素材の住宅においてよく使われているのが漆喰です。
そこで今回は、漆喰の特徴とその性能についてご紹介します。

□漆喰の特徴
漆喰は、日本では建物に伝統的に使われてきた素材です。
消石灰と呼ばれる焼いた石灰石に水を加えた水酸化カルシウムを原料としています。
この水酸化カルシウムには、年月を経るとともにもとの石灰石に戻ろうとする性質があり、漆喰を使った壁はそのまま放置しておくことで固く、丈夫になるという強みがあります。

□漆喰の性能
ここからは、漆喰の機能面での強みについてお話していきます。

*調湿作用がある
漆喰をはじめとする自然素材には、周辺環境の湿度を一定に保とうとする性質があります。
湿度の高い状態であれば湿気を取り込み、逆に乾燥しているときには湿気を放出して部屋の湿度が大きく変わらないようにしているのです。
湿度が高いと、アレルギーのような疾患の原因になりうるカビや菌の繁殖を引き起こすことになります。
逆に乾燥状態が続くと、肌荒れのリスクが高まり高まりますし、ウイルスが活気づいてしまうのも悩ましいですよね。

そんな気候の激しさに住宅をどのように適応させていくのかという点は、住宅が直面し続ける課題となっています。
漆喰の調湿作用によって、こういった極端な環境変動を抑えることにつながっているのです。

*清浄作用がある
漆喰には、清浄作用があるという機能もあまり知られてはいません。
そもそも、漆喰そのものの性質は、原料の消石灰によって強アルカリ性です。
そのため、外壁に塗っておくことによって、塵や埃といった飛散物が住宅に流入するのを防げるのです。

また、漆喰には吸着性があって、こういった身体にとって良くないものを取り込んで、分解することもあります。
住宅内に有害な物質が長く浮遊していると、身体に入り込むことによって少なからず悪影響を及ぼす恐れがあります。
漆喰の清浄作用によって、こういった物質が活動することを2段階にわたって抑制できるのです。

□最後に
今回は、自然素材の住宅の外壁に使われる素材として、漆喰の特徴や性能についてご紹介しました。
湿度を一定に保ち、身体にとって有害な物質を取り除いて空気を美しくする性能のある漆喰、自然素材の住宅を建てるのであれば、外壁への利用をおすすめします。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。