“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

無添加住宅の掃除の方法について奈良市の注文住宅業者が解説

「無添加住宅に興味があって建てたいと思っているけれど、掃除はどのようにしていくのだろう?」
無添加住宅には、化学物質を含まないため、安心安全な空間にできるという強みがあり、保温性の高さや調湿作用など、様々な魅力にあふれていますよね。
しかし、実際に無添加住宅に住むとなると、その掃除方法が気になる方も多いのではないでしょうか。
今回は、そのような無添加住宅においておすすめしたい掃除方法についてご紹介します。

□素材を無駄にしない掃除方法
無添加住宅は様々な魅力にあふれている一方で、掃除については通常よりも丁寧に行う必要があります。
素材を無駄にしないためにも、掃除方法についていくつか知っておきましょう。

*壁の掃除方法
壁によく用いられている無添加素材としては、漆喰、木材、珪藻土などがあります。
普段の掃除としては、軽く埃を落として掃除機をかける程度で済ませるのが良いでしょう。
また、素材によっても効果は異なりますが、消しゴムでこすることによって汚れを落とせる場合もあります。

*床の掃除方法
床材に使われる無添加素材としては、無垢材がよく使用されています。
塗装が施されている場合でも、他の素材と比べるとそれほど頑丈というわけではありませんので、慎重に行っていくことが必要です。
普段の掃除においては、掃除機で軽くごみを取ってから雑巾で乾拭きをする程度で綺麗にすることを意識しましょう。

無垢材は特に水に弱いという性質があるため、濡れた雑巾で拭くと、そこから取り込まれた水分や湿気が建材を劣化させて腐食が進む原因となってしまいます。
床を傷つけてしまうと、汚れや湿気や侵入しやすくなりますので、強く拭き取ることも避けるようにしましょう。
乾拭きでは取れないような汚れの場合には、中性洗剤を軽く含ませた雑巾で拭き取りましょう。
その場合でも、固く絞って、素材に洗剤が残らないように注意しましょう。

床が傷つくのが気になる方、あるいは汚したくないという方は、予め床に防水塗装を施しておくことをおすすめします。
塗装を施すことによって、多少ではありますが防水性が高まりますし、特に水をよく使う場所においては防水加工を検討されても良いかもしれません。
それでも汚れが取り切れない場合には、素材の柔らかい性質を活かして、少しばかり均一に削ることによって綺麗な面を生むという方法もあります。

□最後に
今回は、無添加住宅の掃除方法に関して、壁と床をどのように掃除していくのが良いかについてご紹介しました。
無添加住宅を考えている方は、掃除方法には十分注意しましょう。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。