“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

自然素材の家で大切な気密性について奈良市の注文住宅業者が解説

「家族で暮らすのであれば自然素材の家が良いな。住宅を建てるときは気密性が重要と聞いたけれども、気密性ってそもそも何だろう?」
気密性という言葉は、しばしば自然素材を使った住宅の話で用いられますが、どのようなものかイメージを掴むのは難しいですよね。
そこで今回は、気密性とは何かについてご紹介し、気密性が高い住宅のメリットについて解説します。

□気密性とは?
気密性とは、家の内部と外部の空気の流れを妨げる性能と定義されています。
住宅はいくつもの建材が組み合わされてつくられているため、ごくわずかな隙間から空気が出入りしてしまいます。
また、素材によっては熱伝導性が大きいために熱が通りやすくなっている場合もあります。
気密性が高いことは、屋内と屋外の熱の移動が少ないと言い換えると分かりやすいかもしれません。

□気密性が高い住宅のメリット
気密性が高い住宅には、どのようなメリットがあるのかについていくつかご紹介します。

*光熱費の削減が期待できる
先程もご紹介しましたが、気密性が高いということはそれだけ熱の移動が少ないということを意味します。
言い換えると、他の部屋や家の外との熱の流入、流出が起こりにくいということです。
「冷房を付けていてもすぐに暑くなってしまう。」
「暖房を起動させても部屋が暖まらない。」
このような悩みを抱えていませんか?
気密性を高くすることで、部屋の維持に必要なエネルギーの無駄をなくすことができ、光熱費の削減にもつながります。

*ヒートショックのリスクを下げられる
気密性の低い住宅では、ヒートショックという症状が生じやすいことがよく言われています。
ヒートショックとは、温度の差が激しい場所を移動することで、急な環境の変化に血圧が上下し、失神や心筋梗塞などを引き起こす症状です。
安全であるはずの家で、そのような状況に直面するのは恐ろしいことですよね。
気密性を高めることによって熱の移動が少なくなるため、特定の部屋だけが温度が高くなったり低くなったりする状態を避けられ、身体にとっても優しい住環境をつくり出します。

*遮音性が高い
気密性が高い住宅は、建材それぞれがうまく組み合わさっています。
音は空気を介して伝わるので、気密性が高い住宅は遮音性が高いという点も大きなメリットです。
生活音が外部に漏れることを避けられますし、逆に外部や他の部屋の音も聞こえにくいため、落ち着いて生活できるでしょう。

□最後に
今回は気密性とは何か、気密性が高い住宅のメリットについてご紹介しました。
遮音性が高くて光熱費の削減ができ、身体にも優しい効果が期待できる高気密の住宅、自然素材の家を建てる場合は特に重要ですので、積極的に取り入れていきましょう。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。