“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

自然素材の家に使われる断熱材について奈良市の注文住宅業者が解説

「自然素材の家にしたいけれど、家づくりには断熱性が重要らしい。では、断熱材にはどのような建材があるのだろう?」
このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか。
快適な家づくりには、断熱性は欠かせません。
そこで今回は、住宅の断熱性がなぜ重要なのか、自然素材の家で使用される断熱材の種類と特性についてご紹介します。

□住宅における断熱性の重要性
住宅において断熱性は、気温差の激しい日本だからこそ避けては通れない重要な性質です。
断熱性が低い住宅では、気温差が激しく、快適に過ごせなくなります。
冬場に暖房やストーブをかけていて、しばらく止めているうちに家が冷えてしまうことはありませんか?
換気や出入りで扉や窓を開けることで冷気が入ってくるのはまだしも、何もしていないのにいつの間にか冷え切っていることでお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。
熱が簡単に移動してしまうために、室温を維持しようとエアコンを起動させ続けることは効率が良くありません。
この場合、住宅そのものの断熱性を高めることで改善できます。
このように、夏でも冬でも、1年中を通して快適に過ごすためには、断熱性が重要なのです。

□自然素材の家で使用される断熱材の種類
では、自然素材の家で使用される断熱材の種類をご紹介します。

*セルロースファイバー
紙の繊維を原料とするセルロースファイバーですが、断熱性以外にも性質があります。
その1つが湿度を放出したり吸収したりする性能です。
紙の原料である木材には自らの周囲の環境を一定に保とうとする性質があり、これはセルロースファイバーでも維持されています。
夏は高温多湿に、冬は低温乾燥に悩まされる住環境ですが、その変化の激しい影響を避けられるのです。
断熱性の高い住宅で生じやすい結露も避けられるのが嬉しいですよね。
他にも、密度が高いという性質から防音効果にも期待ができます。

*炭化コルク
比較的に高価であるという難点がありますが、断熱性能の高さが評判なのが炭化コルクです。
コルクを炭化させることで、さらに断熱性が高くなっています。

*羊毛
自然素材の断熱材としてよく用いられているものの1つに羊毛があるのをご存知でしょうか。
羊の毛は見ただけで暖かそうで、洋服によく使用されていますが、実は羊毛は住宅にも取り入れられているのです。
しかしながら、羊毛は害虫の影響を受けやすい傾向があります。
そのため、断熱材にはそういった食害を避けるために、ホウ酸やピレスロイド系薬剤などの化学薬品が用いられていることがあります。

□最後に
今回は、住宅において断熱性の重要性、自然素材の中で断熱性能が高い断熱材についてご紹介しました。
断熱材を自然素材の家に使用して、快適な生活を送りましょう。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。