“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

自然素材の住宅における床材の種類と特徴|奈良市の建設会社が紹介

皆さん、床材の種類についてご存知でしょうか?
床材は、部屋の印象に大きく影響します。
理想とする内装や設置するインテリア、自身の生活スタイルに合わせた床材を選ぶ必要があります。
そこで今回は、床材の種類についてご紹介します。

□床材の種類

*フローリング
フローリングは、木材をコーティングで加工した床です。
フローリングには複層と無垢の2種類があります。
複層フローリングとは、合板の上に単板や化粧材を張り付けたものです。
既存のフローリングに重ねて張り付けることができます。
また、デザイン性や耐水性にも優れており、キッチンや洗面所などの水回りにも利用することができます。

次に、無垢フローリングとは、コーティングされている天然木を利用した床材です。
無垢フローリングは、天然木本来の質感を肌で味わうことができます。
調湿機能に優れており、室内の湿気を吸収してくれるため快適な暮らしを実現してくれます。
そのため、加湿器やエアコンの除湿などを利用する機会が少ないため、光熱費の削減にもつながります。

*クッションフロア
クッションフロアは、木目調のため木材からできていると感じますが、材質はビニールでできています。
フローリングよりも価格が安く傷もつきにくく、飲み物をこぼしても簡単に拭き取ることができます。
また、ビニールからできているためクッション性があり、子どもが転んでも怪我をしにくいという特徴があります。

*カーペット
カーペットは、高級感のある外観を実現したい部屋にはおすすめです。
床の温度が直接伝わりにくいのが特徴です。
また、通常の床材を使用している場合は、チリやホコリなどが宙に舞いやすいですが、カーペットの場合はこれらをキャッチしているため舞いにくいというのも特徴的です。
そして、日頃から掃除機をかけることによって、カーペットのチリやホコリが溜まることを防ぐことができます。

*石材
床に使用される石材として一般的なのが大理石や御影石などがあります。
水回りの床材として使用されることが多く、見た目から高級感を醸し出すせることが特徴的です。
ただ、水分を吸収しやすいという特徴を持っているため注意が必要です。
また、大理石には天然と人工の石があります。
人工のものを使用した場合、天然のものに比べ光沢感が薄れるため、見た目の高級感も若干落ちてしまいます。
予算内に抑えることを優先したい方は、人工のものを使用するようにしましょう。

□さいごに
今回は、床材の種類についてご紹介しました。
生活スタイルにおいて、床材はとても重要な役割を果たします。
室内では常に裸足でいるという方は、床の温度が伝わりにくい床材を使用したり、小さい子どもがいる方は、クッションフロアやカーペットを使用するなどしましょう。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。