“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

無添加住宅における断熱材の種類や特徴|奈良市の建設会社を紹介

自然住宅において1年を通して快適な住まいを実現するには、優れた断熱性能が必要となります。
しかし、自然住宅における断熱性能について知っている方は、意外と少なくありません。
また、断熱材を導入する場合もどの断熱材にするべきか悩むものです。
今回は、自然住宅における断熱性能とおすすめの断熱材についてご紹介します。

□自然住宅における断熱性能
自然住宅は、自然素材からできている住宅であるため、健康に良く快適に過ごしやすいという特徴があります。
一般的に自然素材としてよく使用される無垢材は、一本の天然木を板材や柱に加工されたものです。
天然木は基本的に調湿性能に優れているとされていますが、断熱性能にも優れているのをご存知でしょうか?
断熱性もあるため、冷暖房器具の空気を外に逃がしにくい特徴があります。
しかし、断熱材を導入している通常の住宅に比べ、断熱性能には劣っていることが多いです。
そのため、断熱材を導入されるのが一般的で、以下では断熱材の施工方法や種類について把握していきます。

□断熱材の施工方法
断熱材を導入する際には、施工方法について知っておく必要があります。
なぜなら、自宅構造や予算などで施工方法が変わってくるためです。
施工方法には、2種類存在します。

*充填断熱
柱と柱の間に断熱材を入れる施工方法のことを言います。
一般的に断熱材を導入する際は、重鎮断熱を利用することが多いため、比較的安い値段で導入することができます。

*外張り断熱
柱の外側から全体を囲い込んで断熱する施工方法です。
柱や梁の外側に囲んで設置するため、断熱材が切れることなく安定した断熱性や気密性を保つことができます。

□断熱材の種類

*グラスウール
木造などの自然住宅でよく使用されているのが、ガラス繊維からできているグラスウールです。
グラスウールの特徴として柔軟性が挙げられます。
木材の収縮や地震にも対応しやすいとされています。
また、吸音性が高いため騒音問題なども防ぐことができます。

*羊毛
別名ウールブレスといい、調湿性能が優れており、結露に強い断熱材です。
防音性や防火性などにも優れており、腐りにくいため害虫の発生を予防します。
しかし、他に比べ価格が多少高いため注意が必要です。

*ポリスチレンフォーム
ポリスチレンフォームには2種類あり、1つはポリスチレン樹脂をビーズ状に発砲させたビーズ法ポリスチレンフォームで、2つ目がポリスチレン樹脂を発泡剤などを混ぜ、ボード状に押し出し成形したのが押出法ポリスチレンフォームです。
2つとも水や湿気に強く、軽いのが特徴とされています。

□さいごに
今回は、自然住宅における断熱性能とおすすめの断熱材についてご紹介しました。
自然住宅に関するご相談は、ぜひ有限会社吉川住研にお問い合わせください。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。