“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

自然素材の家における無垢フローリングのメンテナンス方法|奈良市の建設会社が紹介

無垢フローリングは通常と違い、素材が全て木材のため、間違った手入れをすると通常より早く劣化してしまいます。
無垢フローリングに施されている塗装によって手入れ方法が変わってくるため、適切な手入れ方法を知っておく必要があります。
今回は、塗装別のフローリングの手入れ方法についてご紹介します。

□塗装別のフローリングの手入れ方法

*ウレタン塗装
主成分は、ウレタン系の塗料からできています。
ウレタン塗料の特徴は、光沢に優れており、外から入ってくる自然光によって床の光沢が目立ち部屋を明るい印象にします。
また、耐水性によって汚れが付きにくいとされており、万が一床に飲み物などをこぼしてもフローリングが吸い取る心配がありません。

そんなウレタン塗装の手入れ方法は、基本的に乾いた雑巾で拭き取りましょう。
耐水性が優れていますが、水拭きはあまりしないようにしましょう。
少し大きいチリなどは一箇所に集め、掃除機で吸うようにしましょう。
本格的に手入れをする場合は、最初に固く絞った雑巾で拭き取り、それでも落ちない汚れに関しては、薄めた中性洗剤を固く絞った雑巾になじませて拭き取りましょう。
最後に、乾いた雑巾で乾拭きを行います。

*自然塗装
天然油脂によって仕上げられたコーティングのことを自然塗装と言います。
木材の表面から油脂が浸透していき、木本来の質感を肌で感じることができます。
自然塗装の特徴は、木本来の質感を引き出すことができるうえ、傷が目立ちにくく、凹みなどの修繕が容易だとされています。
しかし、油膜がないため傷付きやすいとされています。

そんな自然塗装の手入れ方法は、ウレタン塗装と同様で基本的に乾いた雑巾での拭き取りを行いましょう。
本格的に手入れをする場合は、オイル塗装がされている場合は、オイルメーカーが販売いている専用のクリーナー等を使用し、汚れを拭き取りましょう。
そして、最後に乾いた雑巾での拭き取りを行います。

*無塗装
無塗装は文字通り何も塗装がしていない無垢フローリングのことを言います。
木の本来の質感を感じることができますが、汚れが残りやすい特徴があります。

無塗装の手入れは、基本的に乾いた雑巾での乾拭きをしましょう。
濡れた雑巾を使用すると、水分を吸い取ってしまうことがあるため、あまりおすすめできません。
また、何も塗装していない状況で過ごすのは、フローリングの劣化を早めてしまうことになります。
そのため、機会があればコーティングをしてもらうことをおすすめします。

□さいごに
今回は、塗装別のフローリングの手入れ方法についてご紹介しました。
掃除を行う場合は、まず自宅のフローリングにどのような塗装が施されているのかを確かめましょう。
ぜひこの記事を参考に、正しいメンテナンスを行い、きれいな家を保ちましょう。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。