“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

無添加住宅における漆喰壁の特徴|奈良市の建設会社が紹介

室内の壁紙は、部屋の雰囲気や住み心地を左右すると言われています。
その中でも最近注目されているのが漆喰です。
昔の住宅から使用されてきた伝統のある漆喰壁ですが、なんとなく知っているだけという方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、漆喰壁に関する基礎知識や特徴をご紹介します。

□漆喰壁とは

漆喰は、水酸化カルシウムである消石灰が原料となっています。
消石灰とは、焼いた消石灰に水を加えたものです。
この消石灰に、乾燥によるひび割れを防ぐ、ひび割れ防止材であるノリやスサを混ぜたものが漆喰壁とされています。
消石灰を原料としているため、仕上がりはなめらかでツルっとしています。
漆喰自体の費用は安いですが、漆喰特有のフラットな仕上がりにしようと思うと、職人の技術や手間暇が必要となるため、施工費はそれなりに高いということを念頭に置いておきましょう。

□漆喰壁の特徴

*調湿効果に優れている
主な原料となる消石灰が、二酸化炭素を吸収することで段々石灰石へと戻り硬くなっていきます。
消石灰から石灰石へと戻るには、およそ100年以上かかるとされており、長時間かけて二酸化炭素を吸収し、ゆっくりと固まっていくことで室内の居心地をよくしてくれます。
漆喰壁が二酸化炭素を吸収することにより湿度を調整してくれるため、夏場の湿気や冬場の乾燥を防ぐことが期待できます。
そのため、年間を通して心地よい室内を実現してくれるのです。
通常、室内で冷暖房器具を使用した場合、結露が発生することがありますが、壁が漆喰の場合は調湿効果によって結露を防ぐことができます。

*防火性に優れている
漆喰は燃えない壁材のため、昔からお城や屋敷などに使用されてきました。
現代でも台所の壁に使用することにより、より安全性を高めることができるという点で、漆喰壁は優れていると言えるでしょう。

*シックハウス対策にも優れている
シックハウス症候群という言葉をご存知でしょうか?
壁紙に使用されている接着材料から発生するホルムアルデヒドという物質を体内に取り込むことによって、のどの痛みやアレルギーを発症することがあります。
漆喰壁はこのホルムアルデヒドを吸着するため、健康に暮らすことができます。

□さいごに
今回は、漆喰壁に関する基礎知識や特徴をご紹介しました。
漆喰は快適な暮らしを実現するための壁材として使用されてきました。
快適で健康的な住まいを実現したいという方は、ぜひ漆喰壁をおすすめします。
壁材に関するご相談は、ぜひ当社にお問い合わせください。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。