“本物の住宅”に住むためにぜひ知っていただきたい情報を発信していますTOPICS

中古住宅におけるリノベーションのメリット|奈良市の建設会社が紹介

最近注目を集めているリノベーションですが、実際リフォームと何が違うのでしょうか。
どちらも古くなった家を修繕することですが、リフォームは原状回復のために部分的に必要な箇所の修繕を行うことを言い、リノベーションは機能や価値のために家全体を対象に修繕を行うことを言います。
マイナスの状態だった家を修繕によってゼロに戻すことがリフォームだとすると、リノベーションは機能や価値などの側面から、マイナスからゼロ以上のプラスαの価値を提供することです。
しかし、リノベーションの魅力について理解している方も少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、リノベーションのメリットについてご紹介します。

□リノベーションのメリット

*自由設計が可能
人が住宅のつくりに合わせて生活をするのではなく、住宅が人に合わせて変化することができれば自分の理想の家を実現することができます。
リノベーションは、自身の好みや考えをそのまま反映できるため、自由度が高く、自分らしさを表現できます。
住まいに求めることは人それぞれ違うため、リノベーションによって自分らしい暮らしを実現することができます。
既存の建売住宅などは、他の住宅と似通っているものが多く、無難な内装のものが多いです。
個性を出したい、理想の家を実現したいという方にはリノベーションがおすすめです。

*物件を選ぶ際の選択肢が増える
自身が住まいを希望する地域で希望通りの住宅やマンションを探すのは大変苦労します。
しかし、リノベーションを前提とすれば中古の住宅を購入することになるため、新築より安い価格で購入できるため、物件の選択肢が広がります。
そのため、自身が希望とする場所で物件を探し出せる可能性が高くなります。
また、極端に言えば住宅の間取りや外観に納得いかなくても、リノベーションを行うため、立地さえ自身の希望を満たしていれば良いわけです。

*新築を建てるよりコストが低い
同じ条件で、新築を購入する場合にかかる費用と中古住宅を購入してリノベーションを行った場合にかかる費用を計算した場合、後者の方が3割程度安く抑えることができます。
中古物件の価格にもよりますが、新築を購入するより費用を安く抑え、自身が希望する物件を手に入れることができます。

□さいごに
今回は、リノベーションのメリットについてご紹介しました。
リノベーションを行う際は、なるべく築年数が浅い物件を選ぶようにしましょう。
築年数があると耐震の面から修繕をする必要があるため、予算を超えてしまう可能性が高いです。
しっかりと下調べをしてから中古物件を購入し、リノベーションを行いましょう。

非対応ブラウザ

申し訳ございません。当サイトではご利用のブラウザは非対応となっております。
下記のリンクより最新のブラウザをインストールしてご覧ください。